助産師外来

 
2020年11月15日

産後うつについて

一段と日が暮れるのが早くなり、朝晩の冷え込みが晩秋の訪れを感じますね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私は4月に娘を出産しました。
出産後、新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発令されました。
これまで当たり前のようにあった日常が変化し、不安をいだきながらの生活となりました。
少し疲れたな、相談したいな、と思うことがありましたが、出かけづらく子供と家で過ごしていました。

 

今回は、産後うつについてお話をさせていただきます。
皆様は産後うつをご存知ですか?
産後うつとは、出産後1ヶ月の間で約10%の女性に発症すると言われています。
原因は不明なことが多いですが、出産による疲労、睡眠不足、生活環境の変化や育児の不安などから、精神的に不安定になることが考えられています。
また、自分の抱えている悩みを相談しにくい環境や、伝えるのが苦手といった事なども要因と考えられます。
出産すると、外出を控えることが多くなり、人との交流が減り孤独を感じやすくなります。
さらに今年は、コロナ禍によって、産後の女性が家族や周囲のサポートを思うように受けられず、悩みや不安を相談できる機会が少なくなる傾向にあります。
対策としては、話を聞いてもらったり、ゆっくり休むことなどが重要です。
また、家族や周囲の人に産後の女性を理解してもらい、育児と精神面のサポートで寄り添ってもらうことも大切です。
当院では、産後2週間頃と産後1ヶ月時に来院していただき、産後の体調についてや授乳・子育ての悩みなどが相談できます。
「つらいな」「しんどいな」と感じたら、悩みや不安は1人で抱え込まず、いつでも聞かせてください。

 

産後うつは、誰がなってもおかしくなく、身近なものです。
私達スタッフみんなでお母さんと赤ちゃん、ご家族を支えて参ります。
産後についての不安なことや心配なことがありましたら、助産師外来でお聞かせください。

 

冬めく風も吹き始めました。
体調を崩さずお過ごしください。
皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

メールでお問い合わせの方はこちら採用情報一覧、詳細をご覧になりたい方はこちらenet診察受付診療受付がオンラインでおこなえます

PAGE TOP