助産師外来

 
2017年7月14日

助産学生実習について

皆さん、こんにちは。

毎日、暑いですね。この暑さの中、どのようにお過ごしでしょうか。

特につわりの時期は食欲が落ちます。

また、だんだんと大きくなるお腹により、胃が圧迫されて食欲が落ちてきます。

食欲の出るメニューでバランスの良い食事を心がけ、夏バテにならないように注意して下さいね。

また、温度差が激しいのはよくありませんが、涼しい環境で過ごすことを心がけましょう。

 

さて、6月28日から助産学生が当院に実習に来ています。

三重県は特に他県と比べて、助産師の数が少ないのが現状です。

皆、これから助産師になり、女性の一生に関わる仕事に就きたいと希望に満ちあふれた学生達です。

この可愛いたまごを温め、一人前の助産師に育てるために、当院は実習施設として協力しています。

実習施設になってから17年が経過し、たくさんの助産学生を送り出してきました。

 

実習では、指導者の下で分娩に関わらせていただいたり、産後のケアに入らせていただいたりします。

しかし、これは妊産婦さんに承諾して頂き、はじめて出来ることです。

退院の時には、協力いただいた妊婦さんから「学生さんがいてくれて良かった」というお言葉を頂くときもあります。

学生にとってやる気の出る、とても嬉しいお言葉です。

 

この実習は11月まで続きます。

その間に分娩を控えている妊婦さん、どうか助産学生を一緒に寄り添わせていただけませんか?

学生達は一生懸命お手伝いさせて頂きます。

よろしくお願いいたします。

メールでお問い合わせの方はこちら採用情報一覧、詳細をご覧になりたい方はこちらenet診察受付診療受付がオンラインでおこなえます

PAGE TOP