白子クリニックグループ採用サイト

白子クリニックグループ採用サイト

スタッフインタビュー

新卒

小椋 柚花助産師

白子ウィメンズホスピタルを選んだ理由を教えてください。

自宅から近く、正常分娩に携わりたかったため。

職場の雰囲気を教えてください。

みんなで日々協力しながら頑張っています。

今まで一番印象に残ったエピソードを教えてください。

出産に立ち会わせて頂いた患者様に「お産の時、側にいてもらってとても助かりました。ありがとうございました。」と言って頂き、その瞬間とても仕事にやりがいを持つことができました。

白子ウィメンズホスピタルの魅力を教えてください。

院内託児室が利用でき、職員が安心して働き続けることができるのは良い点だと思います。

将来どのような看護師・助産師を目指しているのか教えてください。

出産のお手伝いや産後のケアを通じて、地域に貢献できる助産師になることです。また、患者様やスタッフから頼りにされるように知識や技術を日々身につけていきたいです。

白子ウィメンズホスピタルで働いていて良かったことを教えてください。

出産件数が多いので、多くの経験が積めることです。

求職者にひとことお願いします。

一つの目標に向かってみんなで力を合わせて働きましょう。

2年目

不破 亜実莉助産師

白子ウィメンズホスピタルを選んだ理由を教えてください。

三重県内でも分娩件数が多く、助産師として成長でき、アドバンス助産師も多数いること。また、小児科もあることで自分が取り上げた赤ちゃんの成長を見ることができることに魅力を感じました。

職場の雰囲気を教えてください。

スタッフで声掛けを行い、助け合うことができる職場です。

今まで一番印象に残ったエピソードを教えてください。

出産に立ち会わせて頂いた患者様のご家族に、半年ほど経った頃「お産をとってもらった助産師さんよね。孫がこんなに大きくなりました。あの時は本当にありがとうね。」と写真を見せて頂いたことが印象に残っています。

白子ウィメンズホスピタルの魅力を教えてください。

産科の分娩だけでなく、手術看護を経験できたり、小児科も隣接していることから分娩に立ち会わせて頂いた赤ちゃんの成長を見ることができたり、継続的に患者様に接することができ、様々な経験ができる病院であると思います。

将来どのような看護師・助産師を目指しているのか教えてください。

初心を忘れず、日々自己研鑽をして様々な知識を持ち、患者様のニーズに沿った看護ができるような助産師を目指しています。

白子ウィメンズホスピタルで働いていて良かったことを教えてください。

病棟だけの業務ではなく、外来での妊婦健診などにも関わることができます。助産師としての仕事だけでなく、看護師としての様々な分野で働くことができます。

求職者にひとことお願いします。

赤ちゃんが生まれる瞬間は、すごく感動的で幸せな気持ちになります。綺麗な病院で、赤ちゃんが生まれる瞬間の幸せな雰囲気を作り、患者様を笑顔にできるように一緒に頑張りましょう。

2年目

長谷川 由貴助産師

白子ウィメンズホスピタルを選んだ理由を教えてください。

分娩件数が多く、助産師として多くの経験ができると思ったのと同時に、新卒での就職ができたので当院を選びました。

職場の雰囲気を教えてください。

新卒のスタッフからベテランのスタッフまで、幅広い年齢層のスタッフが働いています。多忙な毎日ですが、スタッフ全員で声を掛け合い、協力しながら日々の仕事に取り組んでいます。

今まで一番印象に残ったエピソードを教えてください。

分娩に立ち会わせて頂いた患者様、入院中担当させて頂いた患者様に産後健診などでお会いしたとき、「お産の時はありがとう」「こんなに大きくなったよ」「これからも育児頑張ります」などと声をかけて頂いたときはとっても嬉しかったです。

白子ウィメンズホスピタルの魅力を教えてください。

病棟だけでなく、婦人科外来や小児科外来などでも働けるので、妊娠期から分娩期、産褥期そして育児期までの長い期間に携わることができるのは、当院の魅力の一つだと思います。

将来どのような看護師・助産師を目指しているのか教えてください。

患者様やご家族の1番近くで寄り添える、そして一緒に歩んでいける伴走者のような存在となり、妊娠期から育児期までの長い期間をサポートできる助産師になりたいと思います。

白子ウィメンズホスピタルで働いていて良かったことを教えてください。

病棟での周産期看護はもちろん、分娩介助、手術看護、婦人科疾患の看護、婦人科外来、小児科外来など幅広い看護を行うことができるところです。

求職者にひとことお願いします。

様々な業務があるため覚えることも多く、自分自身の知識・技術不足に落ち込むこともありますが、新しい命を迎える現場で、皆さんと一緒に患者様とそのご家族様のサポートができることを楽しみにしています。

次のスタッフインタビューへ