助産師外来

 
2020年8月1日

皆さまのご協力に感謝いたします。

皆さま、こんにちは。
新型コロナウイルスの影響で、様々なことが自粛されています。

 

我が家の小学生の子どもたちは、水泳の授業が中止になったり、折角購入したリコーダーも音楽の授業で吹くことができなかったり、給食当番も配膳係はフェイスシールドを使用したり…。
また、全校集会も体育館集合ではなく各教室でリモートで行われたり、通常は7月末からだった夏休みも8月のスタートで23日までの予定です。
新型コロナウイルスに振り回されながらも、なんとか毎日を乗り切る我が子の姿を見ては、私も頑張ろうと元気づけられます。

 

当院でも感染防止のため、面会者の登録、体温測定、時間や人数の制限等を行っています。
これまで経験したことのない状況に、不安やストレスを感じる方も多くみえると思います。
そんな中、皆さまに理解して頂き、快く協力して頂いていることにスタッフ一同感謝しています。
本当にありがとうございます。

 

私が妊娠していた時、8月はちょうど妊娠12週頃でした。
まだ少し、つわりもあり、気持ち悪かったのと、8月の暑さのために体調が良くない時がありました。
妊婦健診の際に院長に相談したところ、食欲がなくて食べられない時などは、ちょこちょこ食べられるものを食べたほうが良いよ、とアドバイスを頂きました。

 

そこで、私はお米を炊く時のニオイや納豆のニオイなどで気持ちが悪くなっていたので、ニオイの少ないものを食べるようにしていました。
また、温かいスープなどは湯気で気持ちが悪くなっていたので、冷めてから食べていました。
プリンやゼリー、フルーツなどは冷凍して、ちょこちょこ食べて暑い夏とつわりを乗り切りました。

 

院長からアドバイスを受けるまでは、しっかり1人前食べないといけないと思い、無理に食べて気分が悪くなり嘔吐していました。
あの時相談していてよかったと思います。

 

皆さまも日頃から、これどうしたらいいのかな?と疑問に思うことはありませんか。
もし何かありましたら、どんなことでも声を聞かせてください。
1つ1つ解決して皆さまの力になりたいと思っています。
お気軽にお声がけください。

 

助産師外来等で、皆さまにお会いできる日を楽しみにしています。

メールでお問い合わせの方はこちら採用情報一覧、詳細をご覧になりたい方はこちらenet診察受付診療受付がオンラインでおこなえます

PAGE TOP