助産師外来

 
2019年10月15日

沐浴とスキンケア

皆さん、こんにちは。
今回は、赤ちゃんが生まれてから行う、沐浴とスキンケアについてお話をしたいと思います。
まずはじめに、なぜ沐浴をするの?と言うことですが、

 

1.湿疹などから皮膚を保護して清潔を保ち、その生理機能を促進する
2.全身状態の観察をする
3.血液循環の促進、哺乳欲の増進、熟眠の誘導をして発育を助長する
4.赤ちゃんとのスキンシップを図る

 

等があります。

 

当院の沐浴方法は、昔から行われてきたベビーバスの中で洗う沐浴とは少し違います。
赤ちゃんの肌をより綺麗に保つために、ガーゼハンカチを使わず、手と泡を使って優しく洗う方法で沐浴を行っています。
ガーゼを使うことにより、赤ちゃんの肌を傷つけてしまい、将来のアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患につながることがあります。
その他に、保湿剤によるスキンケアにも力を入れています。
もちもち肌のイメージがある赤ちゃんですが、皮膚の厚さは大人の半分しかなく、乾燥や湿疹などの肌トラブルも起きやすいと言われています。
そこで、保湿剤でバリア機能を高めてあげることも大切です。

 

また、以前は入院中にしか沐浴方法の動画は閲覧できませんでしたが、現在は妊娠中でもQRコードを利用して見て頂けるようになりました!
母親学級、両親学級でもスキンケアについてお伝えしています。
疑問があれば、ぜひ妊婦健診の時にもお尋ね下さい。

 

産科で働いている私たちにとっても、沐浴は赤ちゃんとのスキンシップが図れる時間です。
気持ちよさそうにしている赤ちゃんを見ていると、私もホッとします。
日々の育児の中で、初めは緊張する沐浴だと思いますが、皆さんにとっても癒しの時間であることは間違いないと思います。
沐浴の体験談、またお聞かせ下さいね。

メールでお問い合わせの方はこちら採用情報一覧、詳細をご覧になりたい方はこちらenet診察受付診療受付がオンラインでおこなえます

PAGE TOP