助産師外来

 
2018年2月2日

母親教室ってどんな教室?

2月になりました。
暦の上では春なのに、先日も雪が降りまだまだ寒い日が続いています。
暖かく過ごしやすい日が来るのが待ち遠しいですね。

 

さて、今回は母親教室についてお話ししたいと思います。
当院では、母親教室を前期・後期と2つの内容で開催しています。
前期の母親教室は、医師、栄養士、助産師がお話しします。
医師から妊娠生活の注意点についてお話があり、栄養士からは妊娠中の食事についてお話があります。
栄養バランスや意外と知らない身近な食品のカロリーのこと、妊娠中の食事だけではなくお子様の離乳食や食事作りにもつながる内容となっています。
私自身も一緒に聞いていて、とても参考になりました。

 

次に、私たち助産師からのお話です。
参加者の皆さんにお腹にいる赤ちゃんの大きさや重さを人形で体験してもらいます。
今の週数だとこれくらいの大きさかな、これからこんなに大きくなっていくんだな、と感じてもらえると嬉しいです。
胎盤や臍の緒、お腹の中でどんな体位でいるのかなど、人形を使って説明があるとイメージが湧きやすいのではないでしょうか。
また、生まれてきた赤ちゃんが吸いやすいおっぱいづくりを目ざし、マッサージの方法もお伝えしています。

 

当院手作りのおやつを食べながら、参加者同士でゆっくりお話ししてもらう時間もあります。
教室に参加してもらい、何か一つでも今後の妊娠生活の手助けになれば、という思いで内容を考えています。

 

母親教室の参加申し込みは、当院受付窓口で行っております。
是非ご参加下さい。お待ちしております。
次回は、後期の母親教室について書きたいと思います。

メールでお問い合わせの方はこちら採用情報一覧、詳細をご覧になりたい方はこちらenet診察受付診療受付がオンラインでおこなえます

PAGE TOP