助産師外来

 
2017年6月17日

梅雨の季節になりました。

梅雨入りしたばかりですが、梅雨明けが待ち遠しいですね。

 

今回は、妊娠中の体重管理についてお話ししようと思います。

妊婦さんと話していると、「体重が増えちゃった」「体重計に乗るのが怖い」など、体重増加を気にしている方がみえます。

食べ過ぎているわけでもないのに、体重増えてしまいますよね……

妊娠中は、胎児の成長、増大する子宮や乳房、胎盤、羊水量、体を循環する血液量の増加などにより、体重は増えます。

ですから、体重が増えるのは当然のことです。

 

では、どれくらい増えるのが理想なのでしょうか。

厚生労働省から、妊娠前の体格区分別推奨体重増加量が出されているので、一つの目安として参考にして下さい。

 

① まず、ご自身の体格指数(BMI)を計算します。

BMIの計算式 ・・・ 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

 

② 体格の区分から、推奨体重増加量を把握します。

BMI 18.5未満(やせ) ・・・ 9~12kg

BMI 18.5以上25.0未満(標準) ・・・ 7~12kg

BMI 25.0以上(肥満) ・・・ おおよそ5kg目安、個別対応

 

 

いかがですか?

体重の増え過ぎも、増えなさすぎも、お母さんと赤ちゃん両方にとってよくありません。

助産師外来では、妊婦さんの体重管理についても一緒に考えていきたいと思っています。

目標体重を設定し、一緒に楽しく体重管理しませんか?

ご希望の方には、管理栄養士と直接お話して頂ける時間も設けております。

お気軽にご相談下さい。

メールでお問い合わせの方はこちら採用情報一覧、詳細をご覧になりたい方はこちらenet診察受付診療受付がオンラインでおこなえます

PAGE TOP